【2021年】滋賀・大阪で船舶免許取得におすすめのスクール5選

ジェットスキー免許の値段は?

ジェットスキー免許の値段は?

ジェットスキー免許とも呼ばれる特殊小型船舶免許の取得費用は、スクールによって、また受講コースによって違ってきます。

国家試験免除の教習コースでジェットスキー免許を取る場合

国家試験が免除となる教習コースでは、6万円前後の費用で取得できます。このコースでは学科が1日、実技が半日の受講となります。合計1日半で免許を取得できます。

学科は6時間の教習を受けて、その日に50分の学科修了試験を受けます。学科修了試験は40問出題され65%以上の正解で合格です。実技は1人につき1時間半程度の教習を受けて、その日に実技修了試験を受けます。この学科と実技の修了試験に合格すれば、国家試験を受けに行かなくてよい国家試験免除となります。

この教習コースは、費用が少し高くなりますが、いいところは学科の講習がみっちりと受けられることです。学科試験は、それほど難しいものではありませんが、はじめて習うような内容が多く、とっつきにくいところもあります。実際、特殊小型船舶免許の取得で失敗されるケースのほとんどは学科試験不合格となる場合ですので注意して下さい。

自宅では勉強する時間がなかなか取れない人、自分で勉強するのが面倒な人などには国家試験免除の教習コースがおすすめです。

国家試験受験コースでジェットスキー免許を取る場合

国家試験受験コースで特殊小型船舶免許を取る場合には、いくつかのメニューがあります。標準的なものは、学科講習半日と実技講習半日をあわせて1日で受けた後に、学科と実技の国家試験を1日で受けるコースです。合計で2日になります。この標準的なコースで費用は5万円~6万円です。

また、学科を独学やオンラインで自習し、その後に実技講習半日と、学科及び実技国家試験半日とをあわせて1日で受けるコースです。このコースですと1日のみで済み、費用もリーズナブルに5万円程です。但し、1日で済むということは、それだけ学科を事前に自分で勉強しておく必要があるということに注意して下さい。特殊小型船舶の学科はそれほど難しいものではなく、過去問題で対策しておけば十分合格できますが、安易に考えていると失敗しますので気を付けて下さい。

特殊小型船舶の免許は、短期間で気軽に取得しやすい免許ですので、上記のどのコースを選んでも合格しやすいでしょう。受講コースを選ぶ際のポイントはやはり学科です。実技はほとんどの人が合格されます。学科試験については、国家試験免除の教習コースも国家試験受験コースも内容は同じで40問の出題、33問(65%)以上正解で合格となります。

自発的に学習するのか、自宅で勉強の時間が取れるのか等を考えたうえで受験するコースを決めるようにしましょう。

PAGE TOP